欠点ばかり指摘されて嫌になってしまいました

2017年07月27日(木)

 ごきげんいかがでしょうか♡
茨城水戸の結婚カウンセラーの鈴木苺子(まいこ)です。
自分に似合う清潔なものを身につけて身ぎれいにしていると、気持ちよく過ごせます
見た目のいい人間になるというのは、大人としてもマナーです

本日は以前のアメブロの記事を手直しして載せていただきます。

「欠点ばかり指摘されて嫌になってしまいました」
当男性会員様がとても美しい方とお付き合いしておりました。
美人好きの会員様には理想とも思えたのかもしれませんね。
お付き合いも進み2か月が過ぎようとした所ですが
「もうやめますと…」
「どうなさったのですか?」
「会うたびに指摘をされます」
笑顔が少ない、服装が今いちだ、もっときれいにしてほしい(髪の毛かしら)など…
最初の頃はそれほど気にならなかったそうですが
会うたびに言われてしまうと、欠点ばかりを指摘されると嫌になってしまいました。
最初は気にもとめないことが少しお付き合いをしてくると
じわりと気になってきてしまったようです。
男性は否定されるたびにプライドが傷ついたことでしょう!!
そうなると楽しい時間にならず女性への熱も冷めてしまいます。

当男性からも
お付き合いの中ですべてデート費用は男性が持ちましたと
それは全然気にならないのですが、お礼を言われた記憶がないんです。

その女性は接客業の方ですので、お礼は言っていると思いますが…
きっと、その場で「ごちそうさま」だけだったのかもしれません。
それだと、この男性に限らず「お礼は言われてません」
っていう認識だと思います、やっぱお礼は3回は伝えて欲しいですね。
御馳走様でした、「ありがとうございました」の一言があるだけで
「指摘された事」も緩和されたかもしれません。

「お礼をきちんと言えないと、何でも当たり前のつもりに思われ、
僕だけじゃなく感謝の気持ちが持てない人だと思ってしまう」
結婚してもありがとうが言えない人は楽しい結婚生活がイメージしにくいし
人間関係に摩擦が生じやすいイメージももってしまうかもしれません。
普段何気なくのありがとうでなく婚活したら気持ちに拘わらず
「お礼は3回」を習慣になさると良い事起こると思ってます。

自分では前向きな言葉で話したつもりですが、そう感じてもらえなかったので
欠点を指摘されたと思ってしまったのかもしれませんと話されておりました。
同じ言葉でも受け取り手により受け取り方が変わりますので
これが相性です。
相性の良し悪しを見極めるのが交際ですから、そこが分かれば決断できるのです。
今回はその方が赤い糸の方ではなかっただけです。



婚活者の参考になればの気持ちで書かせていただいております。

母のように優しく時に厳しい事を伝える事もございます。
アドバイスの最終目標は結婚させるではなく「あなたのしあわせな人生」です。
本日も最後までご覧いただきありがとうございました!!


8月6日には大人婚として真夏の恋のパーテイーを開催予定です!!
イベントも楽しんで相談所婚活スタートしてみてくださいね(^^♪
詳細は相談会&パーテイーをご覧ください。


  |