以前の美術鑑賞から男性を魅了する女性とは 

2017年04月13日(木)

ごきげんいかがでしょうか♡
茨城水戸の結婚カウンセラーの鈴木苺子(まいこ)です。
自分に似合う清潔なものを身につけて身ぎれいにしていると、気持ちよく過ごせます
見た目のいい人間になるというのは、大人としてもマナーです


以前のアメブロ記事のお引越しです。↓
久しぶりの美術館鑑賞はとっても満足いくものでした。
早速、私視点で感想を書かせていただきます。
歴史に疎い私でも簡単に分かるのが上記の
「クレオパトラとエジプトの王妃展×王家の紋章」特別ガイドです。
クレオパトラは誰でも知っているエジプト最後の玉座に就いた王妃
最後は潔い?自殺、毒蛇にかませて死を迎えますが
エジプトの玉座に長きについていくために
次々の男性を魅了し続けた王妃


はじめは、昔は近親相姦があったんですね
次はユリウス・カエサル
クレオパトラと対立するプトレマイオス13世は、カエサルと敵対してのがれたきたローマの将軍を暗殺して
カエサルに差し出すことで、ローマの支持を得単独でエジプト王になろうと考えます
ところが、カエサルはクレオパトラの支持にまわりました
でも、エジプト民はプトレマイオス13世を支持し、カエサルとクレオパトラは幽閉され
その間に二人の間に恋が芽生え、後の王のカエサリオンが生まれる
エジプトが独立を保つことでローマはエジプトの豊かな資源を享受できた
二人の利害関係は政治的意味を含んでいたと
しかし、カエサルの死後ローマ帝国は
オクタウイアヌスとアントニウスとレピドウスの3人が支配
クレオパトラは今度はアントニウスに接近し恋仲になります、そして双子が生まれるが
それが悲劇につながります、二人は不倫の関係でローマでアントニウスはオクタウイアヌスの姉と結婚してました
その後、クレオパトラとアントニウスは結婚し姉は離婚され二人をオクタウイアヌスが恨んでました
二人が新婚旅行にいっている時を見逃さないで、オクタウイアヌスはアクテイウムの海戦で勝利し
アントニウスとクレオパトラはしに追い込まれることになりました、そして、毒蛇にかませの死を迎える

次々の強い男を味方にしてエジプトの玉座つきつづけた。
その魅力は美貌だといわれたきたがじつは
音声ガイダンスは戸田恵子さんで
何か国語を話す知性
にあるのではと
何千年の時を経ても魅了するポイントは変わらないと思う。
人間は同じだから、DNAは同じだから
男性が強く惹かれる魅力を感じる女性の共通点は
意外に声もあるかもしれませんね。

強く大きな声じゃなくて、艶がある通る声
きちんと語尾まで伝わる声かなと思います
そして、もう一つの知性はもっともなことだと思います。
子供が生まれるかどうかわからないけど、子供の躾を考えれば当然のことだし
発展的な建設的な家庭を築きたいと誰しも願うこと
知性なくしては営むことは難しいと思いますからね。
婚活女性じゃなくても知性を意識したいですね、特別に勉強しなくても
これはどうなっているのか=調べる、探究心旺盛に興味を持つことではないでしょうか。

声は意識すると良いと思います。
私の場合は朝のアラビアン体操しながらの発声練習でしょうかね。
皆様にお薦めはアナウンサーのニュースを読んでいるのを
後から追って自分も発声してみる、お薦めいたします。
現状に満足しないでもっと素敵になりたいと欲張ることも大事かと存じます。
「声がこもっていないか、きちんと語尾まで伝わっているか」意識する事
分からないままにしないで調べてみる、自分の世界より1歩外を見るようにする」
知性を意識するより興味を持つことだと思います


クレオパトラ展をみて感じたこと書かせていただきました。
濃~い人生を生き抜いたクレオパトラは後悔はなかったのではないでしょうか。
男性を本気で愛したクレオパトラを想像すると素敵だと思いました、
潔さを感じたから、覚悟をもって事を進めたから。
本日も最後までご覧いただきありがとうございました!!


  |