テーブルマナー(保存版)   茨城水戸結婚相談所

2017年04月09日(日)

ごきげんいかがでしょうか♡
茨城水戸の結婚カウンセラーの鈴木苺子(まいこ)です。
自分に似合う清潔なものを身につけて身ぎれいにしていると、気持ちよく過ごせます
見た目のいい人間になるというのは、大人としてもマナーです


テーブルマナー、今更聞けない
そんな時にお役立てくださいねラブラブ
テーブルマナーを堅苦しく考えると、窮屈で美味しい食事ができなくなってしまうと思います。
しかし、マナーは人に感じよくありたいと思う気持ちです。



《NG10》
①姿勢が前かがみ いわゆる犬ぐい、猫背
②お皿の料理を切り分けない 温かい料理が冷める
③口に食べるものをいれたまま話さない いつ飛び出すか不安
④食べている最中に音をたてない ゲップもNG ナイフやフォークの音もNG
⑤ナイフ・フォークを振り回せない 危険
⑥歯をいじらない 歯に詰まったら水を飲んで対処
⑦ナプキン・カトラリーを自分で拾わない…ウエイターの仕事をとらない
⑧噛んでいる最中に飲み物で流し込まない…料理は一口で食べられるだけ口に運ぶ
⑨会話のない食事はしない…楽しみましょう!!
⑩黙って席を立たない…できたらデザートコースまで待つ…必ず失礼しますと言って立つ
 メインコースまで待つ…中座の時にはナプキンは椅く

《予約するときの注意点》男性必見
①店を選ぶ 2週間くらいの余裕をもって…目的を考えて プロポーズの時など
②予約の電話(メールで予約) 1週間くらい前  日時・人数・予算・目的をつげる
 ・子供の入店可否・カード可否・閉店時間・ドレスコード
 ・その他の希望も伝える
③予約確認の電話をする…前日確認してくださるお店もあり
④予約時間に合わせて店に到着する…15分以上遅れ時には店に連絡
 キャンセルや変更はすぐ連絡をする

《身だしなみのマナー》

①TPOに合わせた服装をします、服装を整えるのは同席者に対しての最低限のマナー
②メイク・アクセサリー・香水は控える
 グラスに口紅つかないようにパウダーでおさえる
 じゃらじゃらと音のするブレスレットはNGです 器を傷つけるので、大振りアクセサリNG        
香水は料理の香りを損ねるのでNG   ロングヘアは顔にかからないようにする
    コート、ショール、大きなバッグはクロークに預ける
 *お見合いでもホテルなどの時はコート・マフラーなど大きなものは預けるとスマートですね。

《入店から着席まで》女性優先
①クロークに荷物を預け案内に従って着席する

②・プライベートの食事は女性から先に椅子にすわる
  案内のスタッフが女性→男性の順に席につかせます
 ・女性同士の場合は目上の人が座ってからすわる
 ・男性は女性が席に着いてからすわる
③バッグは給仕の人の邪魔にならないように
  いすの下、小ぶりのものは膝の上など
  背もたれのある椅子は背もたれでもOKですが椅子の形状をみて下さいね
*正式なテーブルマナーのいすのかけ方は左側からすわります
  テーブルと身体が握りこぶし2個離したくらい、背もたれは握りこぶし1個位離します
  足は組みません
  パーソナルスペース(自分のもち幅)はイギリス式でもフランス式でも略式デイナーでも
  
60cm~80cnで奥行きは50cm位です

《ワインのテイステイング》   ソムリエにお任せが一番ですね、聞くのは形式的なもの
 ワイングラスは人差し指の第一関節をグラスの脚にあてる
 間違っても小指はたてないでください
①ラベルの確認
②色をみる 透明度の確認
③香りをかぐ
④口にふくませて味をみます
 乾杯は目の高さにもちあげて…飲めない人はソフトドリンクで乾杯をします
 水で乾杯は別れの意味があるのでNGです

《オーダーの仕方》
①同席者はコースかアラカルトかどちらかに統一
 料理の皿数を合わせて食べるとスペースを合わせやすい
 デザートのオーダーはメインを食べたあとにする
 *アラカルトオーダーのコツは
  1メイン料理を決める 2次に調理法を決める 煮込みorロースト  
  2次に前菜を決める

《テーブルセッテイングの基本》
①料理ごとに目的の異なるシルバーが用意される     
 外側から使う
②シルバーの種類は4種
 オードブル用(前菜)
 魚用
 肉用
 デザート用
③グラスの種類
 大きなグラスは水用
 次のグラスは赤ワイン用
 次は白ワイン用
 シャンパングラスはフルート方と平型
④ナプキンの扱い
 二つ折りにして手前が輪で料理を食べることにナプキンで口を押えて美味しく味わいましょう
 洋食ではハンカチやテッシュを使いません


お役にたてていただけたら幸いに存じます。

 


  |