距離間を取るのは難しい 茨城水戸結婚相談所 

2017年05月28日(日)

 ごきげんいかがでしょうか♡
茨城水戸の結婚カウンセラーの鈴木苺子(まいこ)です。
自分に似合う清潔なものを身につけて身ぎれいにしていると、気持ちよく過ごせます
見た目のいい人間になるというのは、大人としてもマナーです

本日「恋するキッチンin水戸」開催のため
以前のアメブロ記事を手直しをして載せていただきます。
職場での派遣の方の話がでて、皆様から敬遠の方がいて
その方の結婚式に呼ばれているけど出席したくない私がいるんです。
(それは困りましたね)

そのお話から
その敬遠される典型は距離間がつかめない方かなと思いました。
誰しも完璧に距離間がつかめたらそれこそそれでごはんが食べていけると思います。
(一流芸能人など…)
しかし、あるレベルは欲しいですね。

コミュニケーションにおいて、人との距離が近すぎてもいけないと
離れれ過ぎてはもちろんいけない、あんばいが難しい所だと思います。
つかず離れずの関係が婚活でも重要だと思っております。
仲良くなりたいからとずかずかと許可なく相手のテリトリーに入ったら
相手は居心地が悪くなり交際終了となるでしょう。

遠くて距離を置きすぎる=連絡する時間の間を置きすぎる
では仲良くなる前に終了となってしまうと思います。

上手な距離間をつかむためには、相手のことをよ~く見ること、関心ももって
興味を持って見つめることだと思います。(温度差をなくす事でもあります。)
そうすると、自ずと相手の心地良い距離が分かってくるのではないでしょうか。
自分の思いこみで、勝手にこうだろうはいけませんね
あくまで、相手のことをよく見て「相手の居心地の良い距離間」を見つけてはいかがでしょうか?
もちろん、仲良くなるにつれて距離間が変化縮まります。
(結婚後でもそうです)
夫婦だからと相手のテリトリーに無やむに踏み入れるはしないほうが長くしあわせが続くと思っております。(夫婦も他人の意識が必要です)
だからお互いリスペクト出来るお相手との結婚をお薦めいたしますね。
自然とつかず離れずができてくると思います。

アラサー面談者の敬遠される方のお話から、
その方は距離間の取り方に心を配っていないので敬遠されてしまうのだと思いました。
人間関係がスムーズにいくためには日頃から距離間に心を配る、相手に興味をもって
距離間を意識することが大事だという思いで書かせていただきました。
婚活者の参考になればの気持ちで書かせていただいております。
母のように優しく時に厳しい事を伝える事もございます。
アドバイスの最終目標は結婚させるではなく「あなたのしあわせな人生」です。
本日も最後までご覧いただきありがとうございました!!


弊社では今だけ「ホームページリニューアルキャンペーン」として
5/28キッチン合コン 
6/25成婚者を囲んだアフタヌーンテイー
上記参加者各1名をマリッジマナ入会金無料サービス特典付きです。
イベントも楽しんで相談所婚活スタートしてみてくださいね(^^♪
詳細は相談会&パーテイーをご覧ください。


  |