コロナ第2波で生きる! 食べる!ステホームは誰と? 茨城水戸結婚相談所

2020年07月29日(水)

ごきげんいかがでしょうか♡
茨城水戸結婚相談所
マリッジマナ カウンセラーの鈴木苺子(まいこ)です。

自分に似合う清潔なものを身につけて身ぎれいにしていると、気持ちよく過ごせます
見た目のいい人間になるというのは、大人としてもマナーです

「コロナ第2波で生きる!食べる!ステホームは誰と?」を
第16回メール便に会員様に届けた内容です

既にコロナ第2波が来た状況になってます
マリッジマナ は
コロナ禍の5月は全てオンラインお見合いでした
6月はオンラインは少数
7月はほぼリアルお見合いのみでした

8月以降については
コロナの状況が予測不可なので
その時その時に応じて
どのお見合いが良いのかススメさせていただきたいと思ってます

交際に関してはコロナ禍の4月5月6月7月でも継続中です
交際中の危険度は女性に合わせて
お付き合いを進めた方が上手くいってます↓

「努力をしての場所探し
この時期に相応しい公園や
散歩コースを提案したり
ランチはテイクアウトだったり
短時間でも回数を増やして
接触回数を意識しての
工夫が見られました」

逆にこの期間中の上手くいかなかった方は
☆無理に会おうとした、危機管理が低い
☆コンタクトを取る努力をしない
コロナの状況に甘える
☆男性の部屋で会おうとした
危険すぎてオンラインお見合い後に
会う女性はいませんよ!
勿論リアルでも同様でしょう

周りの状況を見極める事は勿論ですが
こんな時期だからこそ
女性を守れる行動が取れる方が選ばれます(=女性に合わせることができる)
有事の時こそキャリアのある女性でも
守って貰いたい思いは強いです

それは稼ぎのことではありません!
ドーンと構えてくれる大きな器で
安心したいのです
(女性は脳がすぐ不安に反応するように出来ているのです)

だから女性が危険だと感じる言動は慎んで、
女性に伺いながら丁寧に交際を進められる方が
この時期でも成婚しております

このコロナの時期に婚活をしなければいけない
あなたには
何かのメッセージがあるのかもしれません

それがコロナ第2波で生きる!食べる!ステーホームは!誰とするのか?
もしかして一人なのか?

一人は嫌でも
相手がいる事を抜きにした婚活をしていないか?(相手からok貰えない)など

上記を今、婚活者は突きつけられているのです
生きることも
食べることも
家に居ることも
一人でも生きては行けることでしょう!
どんな形でもただ生きるのであれば生きられます

しかしただ生きるのを望まない
流されて生きる=惰性で生きるを望まないなら

勢いある生き方にシフトしよう
それは一人きりで孤独に
頑固に生きる生き方ではありません

飲み会でもオンライン飲み会が盛況であるように
有事の時でも
人は人とのコミュニケーションを望んでます

それが自然の生き方なのでしょう
日本人は協力し合って
農耕民族として誕生したのが出発
なのです
だから人と協力し合う、
コミュケーションを取って生きていく事が自然です

本日は今だからこそ
婚活者や若い世代により強くメッセージを突き詰められている
「コロナ第2波で生きる!食べる!ステホームは誰と?」を
再考し

お相手選びも有事の時だからこそ
一緒に生きるのに
「その条件本当に必要ですか?」の再考も含んで書かせていただきました
先週の25日に会員様向けに発信させていただいたものです

マリッジマナで短気集中して婚活したい方は
どうぞオンライン面談でも24時間空きサイトから直接面談でも
お受けいたしますのでよろしくお願いします

マリッジマナのブログが婚活者に気づきのきっかけとなれば幸いに存じます。
有事の時にこそ思いやりがモテる長もち夫婦を目指して欲しいです
そのためにはあなたがそのままで良い所、そうでない所を探って

有事の今でも行動をしてみましょう
本日も最後までご覧いただきありがとうございました!!

イベントも楽しんで相談所婚活スタートしてみてくださいね(^^♪
パーテイー・イベント情報


  |